スマホで簡単に、一眼レフカメラに負けないような、美しい写真を撮る方法とは?

ただいま、キャンペーン中です。

このサイトの写真は、iPhone6plusのカメラで撮影しました。

スマートフォンでも、
本格的な一眼レフカメラに負けないような

写真を撮ることが可能です。

写真を上達したいと思っていらっしゃる方に

話をきくと、

・実物はもっと素敵なのに、写真に撮ると「こんなはずではない」とがっかりする。

・思ったように写真を撮れるようになりたい。

・スマホで簡単に、きれいな写真を撮れるようになりたい。

・広い風景をどう切り取ったら、魅力的な風景写真に仕上げられるかわからない。

・どのような角度と構図で撮ればいいのか、わからない。

・写真が上手になって、インターネットを使ったビジネス、販売に活用したい。

といった声をよく聞きます。

これらに当てはまる方は、続きを読んでみてください。

スマホのカメラの性能が良くなる以前は、

本格的な一眼レフカメラでなければ

良い写真は撮れないと考えられていました。

ガラケーの時代のカメラで撮った写真は

ひどかったですよね(笑)。

 

最近は、iPhoneをはじめ、

スマートフォンで、簡単に写真を撮ることができるので

みなさん、普段から日常的に写真を撮られていますよね。

でも、いくら手軽だからといって

何も考えずにただ撮るだけでは、

あまり魅力的な写真は撮れません。

 


【自己紹介】

profilenepals

写真家の福岡将之です。

雑誌や書籍の写真を数多く撮影しております。
これまで、約500名の全国のアマチュア写真家の皆様に
インターネットを使って、写真の撮り方をお教えしてきました。

写真集・書籍・雑誌など

・portrait(2003年)
・紫竹おばあちゃんの幸福の庭(2008年)
・北鎌倉のお庭の台所(2009年)
・ガーデンムック「ガーデンダイアリー」
他多数。

写真展歴
個展

1999 「青の空間」(クリエイト札幌ギャラリー、北海道札幌市)
2000 「tanuki koji」(イーストウエストギャラリー、北海道札幌市)
2001 「aquascape」(クリエイト札幌、北海道札幌市)
2001 「portrait 時間の肖像」(イーストウエストギャラリー、北海道札幌市)
2002 「Seasons of Trees」(ナナカマドアベニュー、北海道札幌市
2004  「北鎌倉」(PIGA画廊、東京都南青山)
2006 「きらきらふわふわ」(巷房、東京都銀座)
2009 「胡同のふとん」(巷房、東京都銀座)
2011 「イロイロシンガポール」(巷房、東京都銀座)
2016 「庭の花図鑑」(巷房、東京都銀座)

グループ展
2003 「passage04」(札幌市民ギャラリー、北海道札幌市)
2004 「汎美展」(東京都美術館、東京都上野公園
2005  「日本旅行写真家協会展」東京都銀座 富士フォトサロン
2008 「汎美展」(国立新美術館、東京都六本木)
2011 「TAIWAN PHOTO」(台湾 台北市)
2012 『TOKYO PHOTO」(東京ミッドタウン 東京都六本木)他多数


実は、スマホのカメラも、
本格的な一眼レフカメラも、

基本的な写真の考え方は同じなんです。

 

iPhoneのようなスマホのカメラも、

一眼レフのカメラも、

光の扱い方、構図の考え方、被写体の見つけ方など

「写真」の考え方は全く同じなんです。

違うことといえば、

一眼レフカメラは、

用途に応じて、レンズをいろいろ交換できますが、

スマホのカメラは、

基本的に広角レンズで固定です。

実は、スマホのカメラは、
本格的な一眼レフよりも難しい!?

実は、スマホのカメラって

お手軽で簡単そうですが、

一眼レフカメラよりも

画面構成が難しいんです。

先にも書いたように、

レンズが広角レンズだからです。

広角レンズというのは、

広い範囲が写ります。

ということは、

画面の中に、いろいろ余計なものも入ってきます。

広角レンズで、きちんと画面構成をして

魅力的な写真を撮れる人は

写真の上級者です。

 

さらに、もうひとつ。

写真独特の表現方法に

「ボケ」というものがあります。

主役にピントが合っていて、

周囲はふわっとボケている・・・

そんな写真を撮りたい人も多いのではないでしょうか?

 

ピントが合う範囲のことを

写真の専門用語で

「被写界深度」と言います。

 

広角レンズは、

被写界深度が深く、

手前から奥までピントが合う。

反対に、

望遠レンズは、

被写界深度が浅く、

ピントが合う範囲が狭い。

というレンズの特性があります。

 

なので、はじめから、

広角レンズのみが埋め込まれた

スマホのカメラで撮ると

ほとんどボケることなく、

すみずみまできちっりと写ります。

 

ということは、

逆に言えば、

「写真にごまかしが効かない」

ということです。

なんでも、きっちり写ってしまいますから。

 

ボケやすいレンズで撮るときよりも、

フレーミングに気を使わないといけませんし、

中に写り込んでいるもの

ひとつひとつに、

気を使うことになります。

そして、

「これは入れる、これは入れない」

と、

要素を考えながら撮ることになります。

つまり、

広角レンズで、きっちりと画面構成をする

ということは、

細部に渡り

いろんなことを考えることになりますから、

スマートフォンでの撮影は

フレーミングの練習としては

最適なのです。

広角レンズをうまく使いこなせるようになったら

望遠レンズでのフレーミングは

楽なものです。

(iPhone7以降は、背景をぼかすことができる機能もあります。)

 

スマホのカメラならではの
メリットもあります。

良い写真を撮る最大の秘訣って、

なんだと思いますか?

それは、

『撮りたいと思ったときに、

カメラを手元に持っている』

ということです。

 

当たり前といえば、

当たり前ですが・・・

 

でも、素晴らしい夕焼けとか、

見事な虹を見たときなど、

そんな千載一遇のときって、

重たくて大きな一眼レフを

たまたま持ち合わせているってこと

めったにないですよね。

 

小さくて、軽くて、

いつでも持ち歩いているスマホだからこそ

シャッターチャンスを逃さずに、

千載一遇の風景を写真に収めることが

できるのです。

そして、

撮ったその場でリアルタイムに、

フェイスブックやインスタグラムに

アップできるというのも、

スマホのカメラの魅力ですよね。

 

また、手軽に撮れるので、

本格的な重たい一眼レフカメラで撮るよりも

遊び心のある写真を気軽に撮って、

思ってもみなかったような

楽しい写真を撮ることができます。

一眼レフカメラというのは、

どうしても、しっかりと

気合いをいれて構えてしまうので

かっちりとしすぎる写真になりがちで

あまり遊び心を出すのは、

難しいものです。

写真を大きく引き伸ばして飾ったり、

高画質での印刷に使うような

仕事としての撮影でなく、

ただ、スマホやパソコンで見て

楽しむために撮るのであれば、

スマホのカメラで十分だと思います。

 

とはいえ

スマホのカメラも
カメラですから、
写真の作法や
基本的な知識がないと
見る人をハッとさせられるような
魅力的な写真は撮れません。

きちんと、基本から

土台をしっかりと積み上げてきた

基礎がある人は、

一眼レフであろうが、

スマホのカメラであろうが

カメラを選ばずに、

しっかりした写真を撮ることができます。

 

そこで

あなたのスマホ撮影を、
スキルアップさせる
30のステップを用意しました。

これまで、500人以上の人に

写真を教えてきた経験を踏まえて、

あなたの撮影のスキルアップに必要で

ぜひ、ご自分のものにしていただきたい内容を

厳選しました。

30も覚えられないよ!!

と、思われたかもしれませんが、

ご安心ください。

 

基礎のレンガを積み重ねていくように
簡単なものからひとつひとつ
順番に取り組んでいただきます。

 

1つのステップでは、

ある1つのテーマについて

私の解説を読んでいただいたり、

作例を見ていただいたりします。

例えば・・・

・自然光の効果的な使い方

・広角レンズの効果的な使い方

・料理を美味しそうに見せる撮り方

・スマホならではのユニークな撮影方法

など・・・

 

そして、それらの内容をしっかり

ご理解いただけて、実際に身につけられたかどうか

確認のために

「こんなものを、こんな風に撮ってください。」

という課題をお出しします。

その写真を、私宛に送っていただきます。

私が、その写真を拝見し、

「もっとこうしたら・・・」というような

アドバイスやコメントを差し上げます。

OKでしたら、

次のステップに進んでいただきます。

最後のほうでは、

けっこう難しい課題になるかもしれません。

でも、

簡単な基本から、

土台をしっかり積み上げていくので

ご安心ください。

30のステップが終了することには、

あなたの撮影技術は、

見違えるようにレベルアップしていることでしょう。

これらのステップを
1歩ずつ登っていただくことで
写真の基本から始まり
質の良い魅力的な写真を撮れるスキルが
身についていきます。

講座の中では、例えば・・・

写真撮影でとても大切な
光を使いこなすということを、
しっかりお伝えします。

写真は光を使った芸術で、

絵画の絵の具のようなものです。

光の特性を見極めて、

それぞれの被写体が最も魅力的に見える光を

選択できるように、お教えします。

構図の簡単な考え方、
被写体ごとのフレーミングの手法を

お教えします。

従来の一般的な構図の考え方とはちょっと違った

もっとシンプルで、本質的な構図の考え方、

シーンの切り取り方をお教えします。

 

テーマとしては、

自然の風景、街のスナップ、料理、植物、建築、

インテリア、雑貨、人物など

旅行に出かけたときに

撮ることになりそうな被写体を

重点的にお教えいたします。

 

(特典1)
撮ったあとの、

スマホのアプリを使った画像加工の方法もお教します。

例えば、

この花に近づいて、手前の花にピントを合わせて撮ると
背景の花はあまりボケていません。

⬇︎ 背景をぼかすように処理をすると・・・


この写真のように、建物を見上げて撮ると
普通は柱が斜めになります。

⬇︎ これを柱をまっすぐに修正をすると、
本格的な建築写真になります。


次の例は、

窓の外の明るさをほとんど変えずに、
室内の柱の部分だけを明るくしました。

⬇︎ 

このように、撮ったあとに、
一手間を加えることで
写真が見違えるように変わります。

(特典 2)SNSの活用方法、注意点

フェイスブックやインスタグラムが流行っているけれど

なんとなく怖くて、二の足を踏んでいる方、

逆に、SNSを活用して、

インターネットをビジネスに使いたいという方向けの

方法などについて、まとめた資料をプレゼントいたします。

(特典3)あなたの作品を添削します。

課題以外に、あなたの作品を10枚、添削、アドバイスいたします。

 

講座の内容をまとめますと、

・30個のステップを1つめから
順番に解説を読んでいただき、

実際に課題として写真を撮っていただきます。

・その写真を私に送っていただき、
添削、アドバイスをします。

・そのステップの課題をクリアされたら、
次のステップに進んでいただきます。

・旅行に出かけたときに
撮ることになりそうな自然の風景、
街のスナップ、料理、植物、建築、
インテリア、雑貨などを
自由自在に撮っていただけるように、お教します。

・撮影方法だけではなく、
スマホで簡単にできる画像処理の方法もお教えします。

・あなたが撮られた作品を10枚添削します。

・私はiPhoneを使っていますが、Androidのスマホでも構いません。

【受講料】

受講料ですが、

30のステップの受講料(30,000円相当)

画像処理の受講料(20,000円相当)

10点の添削・アドバイス(10,000円相当)

SNSの活用方法(10,000円相当)

合わせて、70,000円相当の内容となりますが、

できるだけ初心者の方にも取り組んでいただけるように、

半額の

35,000円で、受講していただけるようにいたします。

さらに、今回、
キャンペーンとして
先着10名様に限り
25,000円とさせていただきます。

【受講期間】

受講期間は2年間とします。

あなたのペースで、

1ヶ月で終わらせてもいいですし、

2年間かけて、じっくり取り組んでいただいても構いません。

 


10名様限定キャンペーン価格
写真家・福岡将之のインターネット写真講座

「スマホ写真講座」
25,000円(税込)


⬆︎こちらのフォームから、お名前とメールアドレスを書いて
送信していただきますと、
受講料のお支払いの案内メールが自動で届きます。
お支払いが完了いたしましたら、
お申し込み完了です。

【お支払い方法】

銀行振込・PAYPALでのクレジットカード決済を
お選びいただきます。

【LINEを使います】

LINEをつかったやりとりで、
講座を進めていきます。

LINEのアカウントをご用意ください。

【返金保障】

講座を始めて、30のステップを終わられても
写真が上達しなかったと思われたら、
全額返金いたします。

追伸

スマホのカメラで、

いつでも思い通りに、魅力的な写真を

自由自在に撮れるようになって、

あなたのインスタグラムやフェイスブックに

作品を投稿するたびに、

何百も「いいね」がついたり

人気のアカウントになったら、

毎日の生活がとても楽しく

充実したものになりませんか?

 

今は、テレビや雑誌に出ている人でなくとも

SNSを使って、

誰もが有名人として、

発信力、影響力をもつことができるようになる時代です。

 

有名にならずとも、

いつでも気軽に、

誰もが気がつかないような

何気ないものを撮って

しっかりとした作品に仕上げて

周りのお友達を「あっ」と言わせる写真を撮って、

あなたのことを

「写真が上手な人」

一目おいてもらえたら楽しいですね。

一緒に、写真ライフを楽しみましょう。

あなたのご参加をお待ちしております。

福岡将之


10名様限定キャンペーン価格
写真家・福岡将之のインターネット写真講座

「スマホ写真講座」
25,000円(税込)


⬆︎こちらのフォームから、お名前とメールアドレスを書いて
送信していただきますと、
受講料のお支払いの案内メールが自動で届きます。
お支払いが完了いたしましたら、
お申し込み完了です。

【お支払い方法】

銀行振込・PAYPALでのクレジットカード決済を
お選びいただきます。

 


特定商取引法に基づく表示 ・ プライバシーポリシー